<中国・四国>エリア予選の激闘を公式サイト・公式YouTubeで配信!

2021.3.19

ABCテレビ × 吉本興業がお届けする若手料理人No.1決定戦「DRAGON CHEF 2021」。

日本全国から、最年少10歳の女の子、海外での修業経験のある本格派シェフ、全国各地の名店で働く料理人、さらに、料理系YouTuberや料理が得意な芸能人まで、料理のジャンルも問わず、多種多様な方々761名がエントリー!

激闘が繰り広げられた九州・沖縄エリア予選から4日後の3月12日(金)、舞台を広島に移して中国・四国エリア予選が開催された。出場者は各県予選を通過した各県を代表する若手シェフたち9名。料理のジャンルは和食が3名、フレンチ2名、中華、イタリアンが1名ずつに多国籍料理などのノンジャンルが2名。予選課題は、中国・四国エリアを代表する”神“食材である阿波尾鶏、牡蠣、トマトを使用した三段重。まさに多種多様な「“神”弁当」の逸品が発表される貴重な機会となった。

会場の広島酔心調理製菓専門学校に集った9名のシェフたちは、2時間の制限時間中で、初代チャンピオンを目指し、自身の技術と感性を三段重に込めて戦う!

中国・四国エリア予選開催概要

【開催日時】
2021年3月12日(金)
【会場】
広島酔心調理製菓専門学校
(広島県広島市西区福島町2-4-1)
【出演者】
進行 小嶋沙耶香(広島ホームテレビ アナウンサー) 審査・試食 スペシャルサポーター マヂカルラブリー(野田クリスタル 村上)
地元代表シェフ 平野寿将(『馳走 啐啄一十』料理長)
原田優子(広島酔心調理製菓専門学校 校長)
鈴木隆(ファーム鈴木・神食材生産者)
シェフ 9県(鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知)を勝ち抜いた9名
茅原優作(鳥取) 内田真吾(島根) 中山公人(岡山) 保家彩良(広島) 三和慎吾(山口) 井原佑輔(徳島) 鴫山惠一(香川) 篠田悠介(愛媛) 井原尚徳(高知)
*順不同・敬称略
【課題】
「地元の“神”食材を使った“神”弁当」
【神食材】
阿波尾鶏(株式会社丸本)
牡蠣(ファーム鈴木)
トマト(岡﨑農園)

オープニング

広島ホームテレビ・小嶋沙耶香アナウンサーの一声から、激闘の中国・四国エリア予選は幕を開けた。
審査・試食人を務めるのは、『DRAGON CHEF 2021』スペシャルサポーター・マヂカルラブリー、中国・四国エリアを代表する料理家・平野寿将、エリア予選会場となった広島酔心調理製菓専門学校学校長・原田優子、そして“神”食材である牡蠣の生産者・ファーム鈴木の鈴木隆の5人が、意気込みを熱く語る。
『DRAGON CHEF 2021』の優勝賞金はM-1グランプリと同額の1000万円。M-1王者のマヂカルラブリー・野田クリスタルは「ぼくらは2人で1000万だけど、ドラゴンシェフは一人で1000万ですから!」と、賞金の魅力を語れば、村上は「そもそもドラゴンシェフあってのM-1ですから!」と謙遜し、周囲は大爆笑。栄えある若手料理人の頂点に輝くのは一体誰か。果たして中国・四国エリアから、初代チャンピオンは誕生するのか?

調理

調理の制限時間は2時間。9名の若手実力派シェフたちが2つのブロックに分かれ、真剣な表情で調理する光景は、これぞ料理人のM-1グランプリ。調理の視察に訪れた平野寿将は、シェフたちの調理を観察しながら、各人の持つ技術の正確さだけでなく、食材を活かした独創的なアイデアに、「これは食べるのが楽しみだ!」と呟いた。

試食・審査

いよいよ、小嶋アナウンサーの進行のもと、運命の試食審査が開始!
緊張の面持ちで審査員に料理のプレゼンテーションをするシェフたち。
説明を受け、神弁当が運ばれてくると審査員たちはまず、目でじっくりと味わう。
そしてついに、料理が口に運ばれる!

広島の伝統食材・濃厚な味わいの牡蠣、徳島が誇る高級地鶏・阿波尾鶏、甘味・酸味・旨味たっぷりの高知の宝石・トマト。強い個性を持った3つの神食材をどう活かし、どうアレンジするのかがポイントになった中国・四国エリア予選。9名のシェフはそれぞれ違ったアプローチで神食材の味わいを表現。「うまい!」を連発したマヂカルラブリーの2人に加え、食に携わるプロの平野、原田、鈴木も大満足な表情を浮かべていた。この激戦の模様は「DRAGON CHEF 2021」公式サイト・公式YouTubeにてご覧ください!