<関東・甲信越>エリア予選の激闘を公式サイト・公式YouTubeで配信!

2021.3.20

ABCテレビ × 吉本興業がお届けする若手料理人No.1決定戦「DRAGON CHEF 2021」。

日本全国から、最年少10歳の女の子、海外での修業経験のある本格派シェフ、全国各地の名店で働く料理人、さらに、料理系YouTuberや料理が得意な芸能人まで、料理のジャンルも問わず、多種多様な方々761名がエントリー!

3月13日(土)に、全国で最も激戦区となった関東・甲信越エリア予選が東京で開催された。
出場者は、ミシュラン三ツ星の名店で働く和食界のホープ、イタリアの料理コンクールで優勝経験のある女性シェフ、芸能界屈指の料理の腕前を持つお笑い芸人、食材のブランディングや商品開発などを手がける食のクリエイティブディレクター、山梨県でダチョウを飼育する食品研究者、芸能人が足繁く通う名店で働く実力派和食シェフなど、個性豊かな14名の精鋭たち。

エリア予選の課題は、「地元の“神”食材を使った“神”弁当」。関東・甲信越エリア予選では、TOKYO X(東京生まれのブランド豚)、天然はまぐり(千葉・九十九里産)、さがみのかぶ(神奈川・茅ヶ崎産)を食材にした三段重弁当だ。
会場となった東京都渋谷区の服部栄養専門学校の調理設備を利用し、2時間という制限時間の中で、料理バトルの火蓋が切られた。

関東・甲信越エリア予選開催概要

【開催日時】
2021年3月13日(土)
【会場】
服部栄養専門学校
(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-25-4)
【出演者】
進行 増田紗織(ABCテレビアナウンサー) スペシャルゲスト 服部幸應(服部栄養専門学校 理事長・校長) 審査・試食 エリアアンバサダー チョコレートプラネット(長田庄平 松尾俊)
片岡護(『リストランテ アルポルト』オーナーシェフ・地元代表シェフ)
関口智幸(服部栄養専門学校 専任教授)
清水俊朗(清水農園・さがみMT茅ヶ崎部会長・神食材生産者) シェフ 1都・9県(東京、埼玉、茨城、山梨、神奈川、群馬、千葉、栃木、長野、新潟)を勝ち抜いた14名
野崎翠(東京)高木祐輔(東京)ポンポコ団 キング(東京)本岡将(埼玉)井上豪希(東京)栗林英司(茨城)鈴村昌也(山梨)遠藤光宏(神奈川)中根浩之(群馬)勝見健(千葉)由水真悟(東京)檜山翔(栃木)中道暢(長野)本間龍史(新潟)
*順不同・敬称略
【課題】
「地元の“神”食材を使った“神”弁当」
【神食材】
TOKYO X(東京生まれのブランド豚)
天然はまぐり(千葉・九十九里産)
さがみのかぶ(神奈川・茅ヶ崎産)

オープニング

~関東・甲信越エリア予選は全国で最も激戦区!?~

増田紗織ABCテレビアナウンサーの進行のもと、エリアアンバサダーのチョコレートプラネット、スペシャルゲストの服部幸應、地元代表シェフの片岡護、会場となった服部栄養専門学校の専任教授・関口智幸、そして神食材生産者の清水俊朗が、エリア予選への期待を語り合う。

「DRAGON CHEF2021」について、チョコレートプラネット・長田が「たぶんスゴいんだろうなというのは感じてます。出てくるのは普通のシェフではないんだろうと(笑)」と口火を切ると、相方の松尾も「とんでもない大会が始まったと聞いてますので、今日はホントに楽しみ!」と興味津々の様子。今回の舞台、関東・甲信越エリアは、全国でも最も激戦区とされるだけに、服部も「出場する14名は選ばれて来ているから相当面白いはず。飛び抜けた料理人が出てくるといいよね」と期待を寄せる。

さらに服部は、今回選ばれた3つの神食材について、「TOKYO Xは脂身がうまいんだ。香りもいいし、肉にも旬があって今の時期がおいしいの。千葉・九十九里のはまぐりも今が旬。さがみのかぶも名残の旬で素晴らしいよ」と語り、長田と松尾のテンションも爆上がり。
イタリアンの地元代表シェフ・片岡も、「14名の経歴を見させて頂いたんですけど、ホントに色んな人がいて、今日どんなものを作るのか、すっごい楽しみ」、関口も「こういう大会は中々ないので期待しています」、さがみのかぶ生産者の清水も「自分が育てたかぶがどんな料理になって出てくるのかワクワクします」と語り、調理前から興奮を隠しきれない。

調理

~関東・甲信越エリアが誇る3つの“神”食材を使い、オリジナリティあふれる“神弁当”を作れ!~

制限時間2時間のあいだに、「関東・甲信越エリアが誇る“神”食材3つを使った“神弁当”」を作る今回のエリア予選。料理人たちが、キッチンで調理する姿は真剣そのもの。
調理の視察に訪れた片岡と関口は、若手シェフの奮闘を笑顔で温かく見守り、一人一人に声をかけながら、気になる食材を使い、斬新なアイデアや調理法を駆使する料理人たちと会話を交わしていく。
神食材の特性や味わいを最大限に引き出しながら、多彩な食材も盛り込み、オリジナリティあふれる神弁当に仕上げていくシェフたち。彼らの熱い思いが詰まった料理が、それぞれのお重に鮮やかに盛り付けられ、いよいよ審査会場へと運ばれる。

試食・審査

~サバイバルラウンドに進めるシェフは果たして?~

いよいよ、サバイバルラウンド進出がかかった運命の試食審査がはじまる!
増田アナウンサーが進行するなか、緊張の面持ちで審査員に料理のプレゼンテーションをするシェフたち。
説明を受け、神弁当が出されると審査員たちはまず、目でじっくりと味わう。
そしてついに、料理が口に運ばれる。はたして各審査員たちが発する言葉は……!?

自らの味覚を信じ、味の感想をハッキリと口にしていく長田、若手料理人たちの言動にあたたかいツッコミを入れ、会場を盛り上げていく松尾。若手シェフたちが情熱を込め、作り上げた独創的な料理に、チョコレートプラネットは真摯に向き合っていく。
一方、片岡と関口は、料理の世界に携わる先輩として、シェフたちに鋭い質問を投げかけ、斬新なアイデアには感心しつつ、時に厳しいダメ出しや、こうすればもっとよくなるというアドバイスまでしていく。生産者の清水は、育てた食材が若手料理人たちの手で様々に調理され、食べたことのない料理に生まれ変わる姿に感心しきりだ。

さて、審査結果はいかに。エリア予選を勝ち上がり、次のステージ、サバイバルラウンドに進めるのはわずか16名。今回の関東・甲信越エリア予選からは誰が残るのか?そして、エントリーした761名の頂点に輝き、優勝賞金1000万円をゲットするのはどの料理人なのか……!?
激戦のエリア予選は、「DRAGON CHEF 2021」公式サイト・公式YouTubeにてご覧ください!