天下の台所<近畿>エリア予選の熱戦を公式サイト・公式YouTubeで配信!

2021.3.21

ABCテレビ × 吉本興業がお届けする若手料理人No.1決定戦「DRAGON CHEF 2021」。

日本全国から、最年少10歳の女の子、海外での修業経験のある本格派シェフ、全国各地の名店で働く料理人、さらに、料理系YouTuberや料理が得意な芸能人まで、料理のジャンルも問わず、多種多様な方々761名がエントリー!

<北海道・東北><関東・甲信越><東海・北陸><近畿><中国・四国><九州・沖縄>の6つの地区で、3月8日から各地で行われたエリア予選。北海道・東北エリアと並んでその最後を締めくくる3月14日に近畿エリア予選が開催。各府県の予選を通過し代表となった25歳から39歳までのシェフ10名が会場の大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDAに揃った。

予選課題は近畿エリアが誇る3つの“神”食材を使った三段重の“神”弁当。滋賀が世界に誇るブランド牛の「近江牛」、関西のキング・オブ・フィッシュといわれる「明石鯛」、およそ1300年の歴史がある京都の伝統野菜「九条ネギ」の3つの“神”食材を使い、出場シェフたちは独自の発想とテクニックを駆使し、制限時間2時間の中で戦いに挑む!!

近畿エリア予選開催概要

【開催日時】
2021年3月14日(日)
【会場】
大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA
(大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-4)
【出演者】
進行 増田紗織(ABCテレビ アナウンサー) 審査・試食 エリアアンバサダー 見取り図(盛山晋太郎 リリー)
地元代表シェフ 神田川俊郎
古谷泰雄(大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA 校長)
中村忠志(「近江牛」生産・流通推進協議会) シェフ 近畿2府4県(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)を勝ち抜いた10名
矢野咲紀子(滋賀) 下司真也(京都) 中東篤志(京都) 中川寛大(京都) 三島伴博(大阪) 花田洋平(大阪) 中井建(大阪) 岡野満(兵庫) 古川輝文(奈良) 澤田真大(和歌山)
*順不同・敬称略
【課題】
「地元の“神”食材を使った“神”弁当」
【神食材】
近江牛(「近江牛」生産・流通推進協議会)
明石鯛(まる真)
九条ネギ(JA京都中央会)

オープニング

ABCテレビの増田紗織アナウンサーの進行で近畿エリア予選会がスタート!審査と試食を務めるのは、「DRAGON CHEF 2021」近畿エリアアンバサダーの見取り図と、関西和食界のレジェンドであり、近畿エリアを代表する料理家の神田川俊郎、エリア予選会場の大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA校長の古谷泰雄、そして“神”食材を提供する「近江牛」生産・流通推進協議会の中村忠志の5人だ。
「アンバサダーというものに就任するのは初めて。それも『DRAGON CHEF』で!」と喜ぶ見取り図の盛山は、名店ひしめく食の激戦区でもある関西を踏まえ、「ここからチャンピオンが出るんじゃないかな?」と期待する。さらに、優勝賞金が「M-1グランプリ」と同額の1000万円だと聞き、リリーは思わず「今からエントリーできませんか?」と、その魅力に目が眩む!?また、「料理の鉄人」でも知られる神田川俊郎は「花に水、人には愛、料理はやっぱり心!」と、おなじみのフレーズで挨拶し、場を盛り上げる。

調理

調理の制限時間は2時間。10名のシェフたちは2つのブロックに分かれ、キッチンで自らの調理に集中する。張りつめた空気のなか、キビキビと動き、手際よく進めていく姿はまさに「DRAGON CHEF」戦士だ。キッチンに響くのは調理の音だけだが、活気にあふれている。視察に訪れた神田川と古谷、中村の3人は各台を回りながら、シェフたちの手元をじっくりと見つめ、時に一言二言声をかけ、神弁当の完成を待つ。

試食・審査

いよいよ、運命の試食審査がスタート!
増田アナウンサーの進行で、シェフが1人ずつ神弁当のコンセプトやアピールポイントを審査員へ熱心にプレゼンテーション。
5人の審査員は、美しく盛りつけられた3つの重の全体像を目で楽しんでから、取り分けられた料理を一の重から順に試食し、寸評する。

料理界のレジェンド、神田川がシェフの発想に唸ったり、古川はソースの作り方の質問したりと、百花繚乱の様相を呈した10の“神”弁当は審査員たちに驚きや感動を与えた。「一様にレベルが高い」と審査員たちが口にする激戦となった近畿エリア予選。10名が臨んだ予選からは2名以上が次のサバイバルラウンドへ進出するが、果たして、勝ち上がるのは何名なのか?

近畿エリアの激闘の様子は「DRAGON CHEF 2021」公式サイト・公式YouTubeでお楽しみください!